202月/17

耕生記 2017/02

一月二十九日、恒例の日本書鏡院新年祝賀会が、二百名余の参加者を得て、目黒雅叙園にて行われた。衆議院議員、中谷元先生・石原宏高先生、本院顧問、坂口力先生のご光来・ご挨拶を忝なくした。中谷先生には色紙を四枚、出席者のためにごRead More…

201月/17

耕生記 2017/01

二月号にて、十月開催の日本書鏡院展のことを話題にするのは、次期尚早の感が否めない。しかしながら、会員諸氏の中には、その年の院展が終了した時点から、当年、出品した作品の成果と課題を踏まえて、次年度の作品の制作にすぐさま取りRead More…

2012月/16

耕生記 2016/12

新年、明けまして、おめでとう。今年は酉年(干支は、干酉)である。酉(鶏)年に因んで、会員諸氏の先頭に立って日本書鏡院を盛り立ててゆくべく、早起きを心掛け、書に精進してまいりたいと、決意を新たにした。 新年早々、私事で恐縮Read More…

2011月/16

耕生記 2016/11

毎年のことであるが、十二月号の所感を十月の下旬に書くことに違和感を感じている。新年まで二か月を余す今の時点では、さすがに歳時意識も希薄で、今回を回顧し、来年を展望しようという気持ちも正直なところわいてこない。とはいえ、小Read More…

2010月/16

耕生記 2016/10

八月最終の週末に御嶽山にて、恒例の夏期御嶽山書道講習会を開催した。本講習会は、日頃、各支部において行われている、師弟関係に基づく一対一の指導を補完し、さらには、どこに注目して何をどのように指導するか、それを具体的な事例にRead More…

209月/16

耕生記 2016/09

丙申の年の夏は、リオデジャネイロ・オリンピックにおける日本人選手の大活躍や高校野球、夏の甲子園大会の熱戦が、私ども大きな感動を与えてくれた。連日の酷暑と相俟って、テレビに釘付けとなり昼夜分かたずスポーツの祭典に熱狂した、Read More…

208月/16

耕生記 2016/08

六月二十九日より七月六日まで東京都美術館にて、第五十七回日本書鏡院展を開催した。今回、試験的にその出品をみとめた全紙二枚継ぎ二曲の大作を、その存在感が存分に発揮される、各室の要所に展示して、本院展の新たな胎動を具現し、促Read More…

207月/16

耕生記 2016/07

今年も展覧会の季節がやってきた。第五十七回日本書鏡院展をまもなく迎えようとしている。梅雨空の下の開催は今年が最後である。来年より十月に開催することとなった。かかる事情もあってか、第五十七回展を、節目の年ならぬ記念展としてRead More…

206月/16

耕生記 2016/06

五月三日(火)より八日(日)まで銀座の鳩居堂画廊にて第三十三回日本書鏡院選抜展を開催した。ゴールデン・ウィーク後半の連休と重なり、しかも好天に恵まれたために、連日、多数の参観者で会場はにぎわった。とりわけ初日の参観者数はRead More…

156月/16

第57回 日本書鏡院展が東京都美術館で開催されます

本年も第56回、日本書鏡院展を上野、東京都美術館で開催致します。 期間は、2015年6月29日(水)から、2015年7月6日(水)までとなっております。     東京都美術館